ハイドロフォイル&ウイングフォイルスクール– Hydro Foil and Wing Foil –

ハイドロフォイル&ウイングフォイルスクール

奄美大島の最新アクティビティは、ハイドロフォイル・サーフィン

ハイドロフォイル・サーフィンとは

フォイルサーフィンは、水上で行われるエキサイティングなスポーツです。このスポーツでは、スモールウェーブや風に乗りながら、特殊なフォイルを装着したボードの上で滑空することができます。以下に、フォイルサーフィンの基本的な要素を説明します。

  1. フォイルボード
    • フォイルサーフィンに使用されるボードは、通常のサーフボードとは異なります。フォイルボードには、専用のフォイルと呼ばれる水中に浮かぶフィンが取り付けられています。このフォイルによって、ボードが水面から浮き上がり、滑空することが可能になります。
  2. フォイル
    • フォイルは、ボードの下に取り付けられた翼状の部品で、水中で浮力を生み出す役割を果たします。フォイルには、前方に位置する主翼と、後方に位置するスタビライザーがあります。主翼は水中で揚力を生成し、ボードを浮き上がらせます。スタビライザーは安定性を提供し、バランスを保ちます。
  3. 滑空
    • フォイルサーフィンでは、ボードが水面から浮き上がり、フォイルが水中で揚力を生み出すことで滑空します。この滑空中、ライダーはボード上に立ち、体重のバランスを調整して方向を制御します。
  4. 波や風の利用
    • フォイルサーフィンは、波や風を利用して滑空することができます。波のエネルギーを利用して滑空する場合、波の前方に進み、波の斜面を滑ることでフォイルを浮かせます。風を利用する場合、風を受けてフォイルを浮かせ、風の力を利用して滑空します。
  5. 挑戦と技術
    • フォイルサーフィンは、バランス感覚やコントロール能力が必要なスポーツです。フォイルの操作や体重のバランスを調整することで、滑空中の方向や高さを制御します。初心者から上級者まで、さまざまなレベルのライダーが楽しむことができますが、初めて挑戦する場合は、経験豊富なインストラクターの指導を受けることが重要です。

フォイルサーフィンは、自然とのつながりを感じながら、スリリングな体験をすることができる素晴らしいスポーツです。

どなたでも始められます。 ジェットスキーで引っ張って水上を浮上します。大きいボードですので、ウエイクボードより簡単です。 ビギナーズレッスン ジェットスキーでトーイング(牽引)水上にフライングします。

2名様から 34,000円 (全行程2.5時間)/お一人当たり 17,000円

 

Towing Foil 動画、KAZBO専属ライダー 福田カポノ(当時15歳) フォイルトーイングで千葉大東海岸のアウトのビックスウェルをライドした動画を、ジェットでトーイングした頂いたアームストロングフォイルの日本スポンサー、Ted Surf Ownerから動画をご提供いただきました。

ウイング・フォイルスクール

ハイドロフォイルにも興味が合うけど、風に乗って走ってみたい

ウィングフォイルとは

 

水上で楽しむ新しいスポーツで、ウィンドサーフィンやカイトサーフィンの要素を組み合わせたものです。このスポーツでは、手に持ったウィングを風に向けて操作し、水面を滑る特殊なボード(フォイルボード)に取り付けられたフォイルを使って進みます。以下に、ウィングフォイルの基本的な要素を説明します。

  1. ウィング
    • ウィングは、風をキャッチして進むための装置で、通常は手に持ちます。ウィングは、フレームに張られた風を受ける表面(通常はナイロン製)で構成されています。ウィングの形状やサイズは様々であり、ライダーの体格や風の条件に合わせて選ばれます。
  2. フォイルボード
    • ウィングフォイルに使用されるボードは、通常のサーフボードとは異なります。フォイルボードには、水中で浮力を生み出すフォイルが取り付けられています。フォイルは、水中で浮力を生成し、ボードを浮き上がらせる役割を果たします。フォイルボードには、ボード上に立つための足場が付いていることが一般的です。
  3. 操作方法
    • ウィングフォイルでは、ウィングを風に向けて操作し、フォイルを浮かせて滑空します。ウィングを上に引くことでフォイルを浮かせ、下に押すことでフォイルを水中に押し込みます。ウィングの操作によって、滑空中の方向や速度を制御することができます。
  4. 風の利用
    • ウィングフォイルは、風を利用して進むため、風の条件が重要です。風の強さや方向によって、滑空の体験や速度が変わります。比較的小さな風でも楽しむことができますが、より強い風の場合はより高速で滑空することが可能です。
  5. 楽しみ方
    • ウィングフォイルは、自然とのつながりを感じながら、スムーズに水面を滑る楽しい体験を提供します。初心者から上級者まで、幅広いレベルの人が楽しむことができます。海や湖、河川など、さまざまな水域で楽しむことができます。

ウィングフォイルは、風と水を利用してスリリングな体験をすることができる素晴らしいスポーツです。初めて挑戦する場合は、経験豊富なインストラクターの指導を受けることが重要です。

 

おひとり様から参加可能です。

おひとり様 3時間 18500円(機材、ウエット、保険一式)

 

[video_player file=”https://kazbo.jp/wp-content/uploads/2024/05/DJI_0908-1.mp4″]

Verified by MonsterInsights